ジィジィの旅と山行

       

中国の山旅(4)

最終 更新日 : 2017年5月5日

万里の 長城を歩く(12)一日目

 <旺泉峪長城    登山日:2017年4月26日(水曜)
 宿舎出発==北京東直門バスセンター7:00発快速==高速バス==怀柔バスセンター 8:20着==怀柔バス==H系支線バス停10:30発==怀柔H系バス支線=庄戸村11:45着 農家院民宿で昼食 (標高 500m)
 農家院民宿13:00出発==標高640m烽火楼13:35着==標高780m(三分 岐)烽火楼14:30着==標高650m烽火楼15:30着==急登急降複数楼経由==標高380m烽火楼16:00 着==ヤブ漕急登40m更にヤブ漕下降==標高360m旺泉峪登山口16:30着==峠越えルート捜索
 响水湖への峠越えルート1時間探査するも見つからず。日が沈む恐れ有り農家院の响水湖迎えを急きょ旺泉峪にスマホ短 信。庄戸村農家院民宿(泊)
  標高780m(三分岐)烽火楼から見る旺泉峪長城 遠くに响水湖の西に連なる標高 900mを有する大榛峪長城



北京からの交通費 : 東直門バスセンターから片道12元+2元+6元=18元(約295円)

最初に戻る

万里の 長城を歩く(12)二日目

 旺泉峪長城 〜箭扣長城    登山日:2017年4月27日(木曜)
  庄戸村の農家院民宿で朝食後7:45出発==昨日の標高640m烽火楼8:20着(5分休)==標高660m烽火楼 8:45着(5分休)==標高750m烽火楼9:20着(15分休)==複数ガレ急登攀有り==標高970m北京結 11:05 着(10分休)==標高900m烽火楼12:20着(15分昼食休)==複数高差5〜6m岩峰露出の崩落長城越え(この 辺から修復工事作業域に入る)==標高940m烽火楼13:15着==標高960m烽火楼直下13:30着(2009年 5月の時以上ガレ崩壊が進みホールド不能な状態)登攀困難と判断しルート探査下山開始==西柵子村15:00着==西柵 子村農家院民宿(泊)標高650m


 
北京結を通過しその先からは長城の修復工事が始まり、もう自然な魅力は無くなり今後はこの部分は来る気は失せた。

最初に戻る

万里の長城を歩く(12)三日目

  箭扣長城〜牛角鞭    登山日:2017年4月28日(金曜)
  再び西柵子村の農家院民宿で朝食後8:20出発==標高730m烽火楼8:45着(10分休)==最初から 20m程垂直登攀を強いる(今回初のアイルランド人登攀二人に会う)箭扣長城主稜牛角鞭に至る縦走路==標高800m烽 火楼10:05着==標高840m烽火楼10:30着==標高900m烽火楼10:40着==標高960m烽火楼 10:50着==標高920m牛角鞭直下楼着10:55着==標高920m次楼11:05着(10分休)==登攀不能岩 蜂楼ルート不明直下11:50着(15分昼食休)==登攀断念下山ルート探査==西柵子村南沟公路13:00着













 西柵子村南沟13:15発==怀柔H系バス支線==H系支線バス停14:20着==怀 柔バス==怀柔バスセンター14:45発快速==高速バス==北京東直門バスセンター16:15着
箭扣長城主稜の牛角鞭を越えた慕田峪長城側は観光客用に人口的に修復され過ぎて登山家としては面白くない。今後、西 柵子村での箭扣長城も修復が進むのであろうか?味気ない人工的修復は自然に朽ちた野長城と比べまったく魅力的でな い。


  **********     ***********

最終更新日 : 2017年5月5日


inserted by FC2 system